So-net無料ブログ作成
検索選択
日本映画の感想文-あ行 ブログトップ

成瀬巳喜男「おかあさん」新東宝の田中絹代はこわいゾ [日本映画の感想文-あ行]

chaplin.jpg

人気ブログランキング

成瀬巳喜男 映画の面影 (新潮選書)




製作は「暁の急襲」の永島一朗で、全国児童綴り方集「おかあさん」(講談社発行)から、「せきれいの曲」の水木洋子が脚本を書き、「お国と五平」の成瀬巳喜男が監督に当たっています。
撮影は「海賊船」の鈴木博。主演は「安宅家の人々」の田中絹代、「黎明八月十五日」の岡田英次と香川京子で、三島雅夫、片山明彦、中北千枝子、加東大介などが助演しています。



新東宝が1952年に製作しています。


戦災で焼け出された洗濯屋の福原一家は、父が工場の守衛、母は露店の飴売り、娘の年子はキャンディ売りに精を出したおかげで、やっと元のクリーニング屋を開くことができた。


長男の進は母に会いたい一心から病気の身で療養所を逃げ出してきたために死んでしまったが、店は父の弟子であるシベリア帰りの木村のおじさんが手伝ってくれることになり、順調なスタートを切った。


年子が近所のパン屋の息子信二郎と仲良しになった頃、病気で寝ていた父が死んだ。


母は娘二人と引き揚げ者の甥哲夫を抱え、木村の手ほどきを受けながら女手一つで馴れない店を切り回すことになった。


木村と母の間についてあらぬ噂が立っていることを信二郎から聞いた年子は、娘心に思い悩んだが、妹の久子を他家に嫁にやる話まで出るようになると、女の腕のかよわさをしみじみと悟らざるを得なかった。

事実久子はもらわれていき、哲夫もやっと一人前の美容師になった母親の元に戻されることに決まって、一家は最後の楽しいピクニック(向ヶ丘遊園)に出かけた。


やっと母も一人立ちできるようになり、木村は自分で店を出すために去っていった。


母一人娘一人残った福原家では、新しい小僧も迎え、ようやく将来への安定した希望も湧いてきたのだったが--年子の心には、母は本当に幸せなのだろうか、とかすかな憂いが残って消えないのだった。


これは、キネマ旬報によるあらすじですが、例によって、実物とはかなり違っています

いちいち訂正は省きます。これは、特に昭和40年代頃までの映画雑誌の映画のあらすじは、映画が製作に入る時の資料を映画会社が、宣伝のため、映画雑誌に渡していたことが理由です。当然、途中で配役が変更になったり、ストーリーが変更になっても、映画雑誌は、記事の訂正を しません。

そういう資料が今まで残っているのですから、映画に限らず研究者は、やはり、実物にあたってみることが大切でしょう。



実は、わたしは、田中絹代が苦手です。頑固そうなそして病的なあの表情が怖いです。



本作でも、娘の香川京子の母をたたえる作文のナレーションが流れる中、人生に疲れたような表情をみせる田中が、何を表現しているのか。ハッピーエンドなのか、そうではないのかよくわかりません。


しかし、見所は、戦後の風景でしょう。例えば、当然、道路は舗装されていません。が、風情があります。歩きづらかったけれど、雨上がりには、日を反射して綺麗な道路だった。と、言っていた祖母の言葉を思い出しました。


nice!(1) 
共通テーマ:映画
日本映画の感想文-あ行 ブログトップ
メッセージを送る