So-net無料ブログ作成

昭和残侠伝 血染の唐獅子 は、ちと物足りないかな [日本映画の感想文-さ行]


人気ブログランキング



昭和残侠伝 血染の唐獅子 [DVD]


監督
マキノ雅弘
脚本
鈴木則文/鳥居元宏
出演
高倉健/池部良/藤純子/加藤嘉/山城新伍/津川雅彦/牧紀子/水島道太郎

昭和初期の浅草を舞台に、火消し纏に命を張る鳶政一家の男たちの意気地、侠気、友情を描く大ヒットシリーズの第4作。マキノ雅弘
が監督しているところが見所です。


鳶政の組頭・花田秀次郎(高倉健)と阿久津組の代貸・風間重吉(池部良)は親友だったが、鳶政と阿久津組は博覧会場の工事の利権をめぐって敵対していました。

鳶政の纏(まとい)が阿久津(河津清三郎)の手に渡る事件が起き、両者の対立は深まります。
山城新伍が、牧紀子を身請けするために、纏を質屋に入れたのが原因でした。山城は一人でかたをつけようと阿久津組に乗り込み、逆に殺されてしまいます。

 怒り心頭の鳶政の前に、牧紀子は女を使って纏を取り返してきます。そして、牧紀子は絶望して入水自殺します。

 阿久津は、鳶政がする工事に執拗に横車を押してきます。同業者も脱落します。

  度重なる阿久津の悪どいやり方に重吉は盃を叩き返し(と、公式ストーリーには書かれていますが、実際は、池部良の方が破門されます。だから、映画は、本物をしっかり鑑賞しないといけません)、秀次郎の許に駆けつけます。

  阿久津の執拗な妨害に秀次郎は殴り込みを決意します・・・。

 今回の敵は、河津清三郎で、脇には、天津敏が控えています。
  味方は、小林勝彦をトップに水島道太郎、曽根晴美、大村文武なのでいつ裏切り者が出るのだろうと不安にさせますが、結局、ラストまでいい人でした。
  おいしい役は、津川雅彦で、山下清aka小林桂樹aka芦屋雁之助風のキャラクターで、最後に泣かせます。

今回の高倉健と池部良の関係は、元々友人で、池部の妹の藤純子が高倉健の恋人です。ですから、高倉池部間の緊張の上に立った男同士の結びつきが感じられません。

 作品全体にも、やや掘り下げが甘いと思わせる部分も多々あります、しかし、それも、マキノ雅弘の職人芸なのでしょう。


nice!(2) 
共通テーマ:映画

nice! 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。