So-net無料ブログ作成
検索選択

まむしの兄弟 二人合わせて30犯 [日本映画の感想文-ま行]


人気ブログランキング


まむしの兄弟 二人合わせて30犯 [DVD]


菅原文太川地民夫主演のまむしの兄弟シリーズ第七弾です。 監督は工藤栄一さんなので、大いに期待できます。



以下、ネタバレあります。



十数億円の遺産をめぐって、まむしの兄弟と、神戸新興暴力団が争奪戦を繰り広げます。



出所したゴロ政は、弟分の勝と神戸の新開地に舞い戻ります。新開地の新興暴力団、加賀組が勢力を誇っていました。
それに気の喰わない二人は、加賀の経営する高級クラブで大暴れします。
ですが、捕われの身に。ジュンの助けで何とか逃げ出した二人だが、翌日加賀組の幹部塚本が勝を訪ねてきます。
幼い頃別れた勝の母親・弥生(三宅くにこ)は資産家で、病弱なため我が子に会いたいというのですが…。

二人がクラブで暴力団(組長は成田三樹夫)に、捕まるシーンは、捕縛シーンが省略されて、いきなり縛られた二人がスローモーションでいたぶられている場面に変わります。
監督の技巧の冴えるところです。

屋外でまむしたちと暴力団員が殴り合いをするシーンでは、ちり紙交換車の近くで展開し、風に飛ばされた新聞紙がスローモーションで舞う中での暴力が、舞のようです。

ラストの暴力団への殴り込みでは、ジュンを殺された恨みに燃える菅原文太が、ラスボスのはずの成田三樹夫をなんと、事務所に飛び込みざま眉間をライフルで撃ち抜きます。

その後で小物たちを撃ち殺していくわけですが、文太が一番恨んでいたのは、悪徳弁護士の菅貫太郎でした。ジュンを殺し、また、三宅くにこも、殺そうとした犯罪のブレインである菅貫太郎が、「遺言書を返す」と書面を差し出すと、ドスで手首から切り落とします。苦悶する菅にむかって
「悪いやつはぎょうさんおるけど、弁護士の悪いやつは許せんのや!勝、はらわたえぐっちまえ!」と死刑宣告をしたのでした(実際にはらわたえぐるシーンはでてきませんが・・・)。

この辺は、脚本や監督の情念がこもっています。そのせいか、カラッとしたラストではなく、極めてウエットな印象を受けます。

三宅邦子さんは、本作では三宅くにこ名義で出演されています。姓名判断でもされたのでしょうか。


nice!(4) 
共通テーマ:映画

nice! 4

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。